システムは毒にも薬にも。。。 
Saturday, February 10, 2007, - 雑記
業務にシステムを導入する場合、

・効率を上げるため
・付加価値をつけるため

であって、人を管理するためではない。


「ゲーム感覚で仕事ができる」--業務システムに魔法をかけたバリュープレスhttp://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20342461,00.htm

なにが、定時に会社から200m以内にいないと遅刻となり、アラートメールだ。

どんな人材がほしいんだ、この会社は。


  |  このエントリーのURL  |   ( 2.7 / 135 )
過当競争。 
Thursday, February 8, 2007, - 考え事
整備されたルートは過当競争になりがちである。

血で血を洗う、レッドオーシャン。

同じ労力を投下するなら、

あまり人気のない、ブルーオーシャンへ。


これは、経営資源のみではなく、
様々な部分に適用できる原則である。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 12500 )
雪。 
Sunday, February 4, 2007, - 雑記
ちらつく雪。

暖かい部屋の中から窓越しに見えるのは、
雪の冷たさではなく、冷たさを表現した絵画。

冷たさの中から、暖かそうな部屋の窓を眺めている
視線があるのを忘れてはいけない。


  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 209 )
現実という制約条件。 
Sunday, February 4, 2007, - 考え事
全ての出来事に原因と結果があるなら、
理論上ビットで全ての出来事を表現できるはずだ。

なーんてことはない。
それは、机上の空論に過ぎない。
現実には。


なぜなら、
原因となるもののINPUTがおっつかないからだ。

求める結果よりINPUTを逆算し、必要最小限のデータを
収集する。

ちっさく、シンプルに。が重要だと思う。

どんなにやっても、完璧になどならない、
現実という制約条件。

それなら、状況にあわせて修正できるような
柔軟なものにしておくほうがよい。





  |  このエントリーのURL  |   ( 3.1 / 3976 )
【座右の銘】-考え事 
Tuesday, January 23, 2007, - 考え事
座右の銘というか、俺の好きな言葉がある。

・人間(じんかん)万時、塞翁が馬。
・おこったことは、全て最高。おこらなかったことも、それは全て最高。

最初のは、中国の故事。二つ目のは、インドの格言。
要は、事実に対する見方は色々あるということ。

たとえば、いけいけの時は、あまり悩みも
なく目の前のことに集中しておけばよい。
努力に比例してそれなりの結果がでる。

また、落ち込み気味の時は、いろいろ試行錯誤する。
その結果、何かを得る。
ひょっとすると、
落ち込まなかったら得れなかったものを得れるかもしれない。


経験により、様々な見方ができるようになる。
特に、一見失敗と思うことから肯定的なものを
みれるようになると安定感がでてくる。

それが人間的な成長だと思う。



  |  このエントリーのURL  |   ( 3 / 3958 )

進む